妊娠中に伸びる皮膚をガードして、妊娠予防のために作用する
妊娠線予防クリームやオイルは、大人気なんですよ。

せっかくケアを行うので、正しい塗り方をして
効果を最高に引き出したいものですよね。

妊娠線予防クリームは、どんな使用方法や使い方が
良いのでしょうか?

どのような塗り方をすれば、妊娠線を残らないように
ケアすることが出来るのでしょうね?

ここでは、これらについて調べてみました。

〇妊娠線予防クリームとは

産後の妊娠線を防ぐために妊娠線予防クリームを買ったのに
どんな使用方法をすれば良いのか、使い方はどうしたら良いのか、
困っている方もいると思います。

市販されているボディクリームなどを塗るような感じで
塗れば良いということでもないんですよね。

妊婦の時の体は繊細なので、
ゴシゴシと塗り込んでいくわけにもいきません。

正しい使用方法、使い方をして
妊娠線を予防するということがとても大事です。

・塗り方のポイントは?

【手のひらで温めてから塗る】

妊婦さんは、腰回りを冷やさないように
気を付けましょうと言われます。

妊娠線予防クリームを塗る前に、すぐに皮膚に付けずに
最初に両手の手のひらで温めてから塗りましょう。

妊娠線予防クリームの風合いや硬さによって、
手のひらでしっかり温めてから塗るといった塗り方は
とても伸びが良くなって、良いんですよ。

【たっぷりの量を】

妊娠線予防クリームの塗り方で悩むとしたら、
量についてではないでしょうか?

その答えは、量はたっぷりとです。

せっかく塗るとしても、量を少なくしてしまうと
肌の保湿を十分に行うことが出来ずに、
妊娠線が出来てしまった…ということになってしまいます。

毎日丁寧にケアをしていたとしても、量が不足していれば
結局効果がなかったということになってしまいますので、
塗る時はたっぷりと塗るようにしましょうね。

塗り始めの方は、どのくらいが適量なのかわからないですが、
ちょっと多いかな?というほどの量を塗る塗り方をすると
良いかもしれませんよ。

市販の妊娠線クリームは価格も高めだとは思いますが、
どうせ使ってケアをするのであれば、
効果があると言われている塗り方で使いましょうね。

妊娠線予防クリームをケチケチして塗っていたら
結局意味がなくて妊娠線が出来てしまった…
というように、後悔したかもいるんですって。

妊娠線予防クリームの効果を感じられるように、
たっぷりと使った塗り方をするようにしましょう。